会の紹介

会の紹介

私たちの会は正式名称を「千葉こまくさハイキングクラブ」(略称:こまくさHC)といいます。
千葉こまくさハイキングクラブは1983年12月に誕生しました。
当初16名でスタートした会も現在では150名近くの大所帯となり、会主催山行をはじめ、活発な会員同士の個人山行など、旺盛な活動で県下でも有数のハイキングクラブへと成長しています。

会の特徴 会則
「会員一人にひとつの役割」がこの会のモットーです。会務の役割は仲間で分担し
山行の企画・運営、登山教室の講師、ホームページ管理や会報紙の発行など会員がボランティアで運営しています。

会の目指すもの 山行記録
登山・ハイキングを各人の自由な発想から年齢や体力に応じて、のびのびと楽しむ事を目的にしています。また、それを実現する為にこれまでの人生で磨いた力をお互いに出し合い、人間性を高め合いながら、安全で充実した山歩きを目指しています。

山行・行事・講座 2021年度 山行予定
年間山行計画は200回程度(関東甲信越の日帰り山行を中心に、北アルプスや南アルプス、八ヶ岳、東北など縦走)を実施予定。
新入会者歓迎山行やクリーンハイク、教育研修として初級者・中級者向の登山教室・リーダー育成講座を開催しています。

ランク制 ランク制
山行参加者の事故を防止し、安全で無理なく楽しい山行を行うためにランク制を設けている。ランクの基準はA B C Dの区分で標準コースタイムや標高差等により設定される。会員は体力、技術、その他に応じていずれかのランクに所属する。

定例集会
原則第3水曜日19時から市内会場にて行います。

新規入会 会員募集
年に2回(春と秋)の入会説明会があります。

2016年バスハイク(赤城山)